メッセージ

人材不足に備え営業活動を補完する

tmbで営業活動を補完する

営業人員を確保できるだろうか…

人材不足が顕著になってきました。政府は「生産性向上」や「働き方改革」など推進していますが実際の厳しさは現場がよくわかっています。

販売したい製品や工法があるのに、そもそも営業人員が確保できない状況は全国各地で生じています。今後、不況になっても本質的に人手不足は続くかもしれないと予測される中で、本当に営業人材を確保していけるでしょうか。

SEO、MA、SFA、CRM、CVR、CPR!?って何語?

現在の営業マンは年齢を重ね経験は増えていくものの昔のような機動力や体力は減少傾向になっていきます。これからはITの時代だと言われても、そのスキルの獲得になかなか積極的になれないものです。 仮になんとか人材を確保できたとしても、すぐにやめたり成長するまでに時間がかかります。

営業のやり方が変わってきた

最近ではコンプライアンスの関係から訪問営業を禁止する企業があったり、インターネットやスマホの出現で情報の入手経路が変わったことで営業マンより先に詳しい情報をお客様が持っている状況が増えました。結果として、昔に比べ飛び込み営業や新規営業に対する風当たりが強くなっています。 ますます営業のなり手は減っていくことが予見されます。

しかし、そんな中でも企業は製品を認知させていかなければいけません。どんなに魅力的な製品でも、認知無くして売り上げには繋がりません。

TMBは販促ツールを駆使した媒体営業マン!?

TMBは生身の人間とは別の働きをする媒体営業マンとも言えます。千手観音のごとく四方八方の需要者に情報を届けます。また労働時間に関係なく24時間引き合いを待ち続けることができます。

TMBを利用すれば、通常受付で門前払いされる大手や飛び込み営業がやりずらい官庁や組織などから問い合わせがあることも通常で、ストレスなく見込み客との接点を持つことができます。 大切なのは見込み客を魅了する製品力。その製品力さえあればTMBの情報発信力がお役に立てることがあるかも知れません。非常に人が集まりにく時代です。

まずは、TMBで営業のPR機能を補完してみてはいかがでしょうか。

TMBの販促サービス