メッセージ

第三者目線のフィルター機能

tmbで第三者の目を通してみる

思い込みに溢れた不親切な情報

ある建築資材のWEBページを見ると特長やスペック等の情報が詳しくきれいにまとめられている一方で、発注者視点では使いづらい場合があります。

その理由は、その資材に精通したベテラン担当者とWEB制作会社だけで作ると情報が不親切になるからです。「そんなことは当然知っているだろう」という思い込みで発信された情報は読者に届きません。 業界に長く居るほど固定観念に捉われがちになり、発注者や使用者に必要な情報をわかりやすく伝えきれていない場合が多いものです。また大事な情報が抜けている場合もあります。

第三者の目

そこで、TMBではサービスを契約された企業様に専属のコンシェルジュが付く販促サービスを行っています。

なぜコンシェルジュが重要かと言うと、素人目線、第三者の目線で製品を捉え情報を整理していくため、結果的にわかりやすいコンテンツ製作、親しみやすい情報発信ができるからです。 コンシェルジュは、企業様の製品知識がほとんど無い状態でお付き合いをスタートし、コンテンツ制作と販促計画を進める過程でその製品について知識を深めていきます。

コンシェルジュからの素朴な質問や、製品に興味を持っていただいた方からのお問い合わせがきっかけで、気づきもしなかった新しい発想を得る企業様もいらっしゃいます。

コンシェルジュが右腕に

TMBは一般的な広告制作会社と違い、コンテンツが完成した後も随時必要に応じて情報のアップデートを行いコンテンツの最適化をし続けます。

  • 製品の仕様変更
  • 新しい実績の紹介
  • 問い合わせの多い事項の情報追加
  • 想定していなかった使い方
  • 時事ワードを組み合わせたライティング編集など…
コンシェルジュは一人につきご契約企業様の数を限定し専属で担当するため、二人三脚で右腕としてご活用いただければと思います。そのためにも、相互理解と相互協力が必要不可欠です。

WEBやチラシやDMなどの媒体を使った営業やマーケティングに馴染がない企業様、または、第三者から製品を捉え直してもらいたいとお考えなら、ぜひ一度TMBをお試しください。