メッセージ

タカラメディアボックスの特長

新製品を作ったが売れない…。よくあることです。

選挙の開票率が5%程度で「当確」がわかるように、魅力的な製品も最初のテストマーケティングで売れる雰囲気がわかります。

そういった製品をお持ちの企業様もありますが、多くが「こんなにいい製品なのになぜ売れないのだろう」と宝の持ち腐れになっています。

圧倒的に認知不足

製品が売れない一番の原因は認知不足です。知らないものは買われません。だからこそ企業は広告宣伝費をかけます。資金がない場合は知恵を絞って認知させる努力を続けます。
とても泥臭い作業ですがそれを行わず早期に諦めてしまう企業は多いと感じます。
tmbで製品開発と営業力を磨く 作り上手で売り上手になる

しかし、認知活動の前にすべきことがあります。テストマーケティングです。顧客の反応を確認することなくチャレンジして損失を出したことはないでしょうか?

というと、「やってみるまでわからない。」と言う声もあります。たしかにその通りです。やる前から売れる製品がわかるならば苦労はしません。 

とはいうものの、売れる予感のする製品・サービスは事前のテストマーティングで高い確率でわかるものです。

『テストマーケティング』機能

本サービスを使うメリットの一つ目はテストマーケティング機能です。

tmbで土木専門の高速マーケティング 高速テストマーケティングで需要予測

『認知』広告機能

テストマーケティングの反応が良くなければ撤退するか販売戦略の見直しができます。一方、結果が良ければ販促活動に力を注げます。 

土木専門の広告

認知されないものは購入されません。本サービスは製品の認知度を短期間に高めることが出来ます。

  tmbで新商品を早く広く認知させたい 早く広く的確に認知させたい

人手不足対応

しかし、認知度を上げたくても人手不足で販売人員を確保できない企業様も多いことでしょう。

  tmbで営業活動を補完する 人材不足に備え営業活動を補完する

ノウハウ

また広告を使うにしてもホームページ制作会社や広告会社に依頼する場合が多いと思いますがどうもパッとしません。なぜなら土木という特殊な業界の仕事内容をあまり把握されていないからです。

  TMBは土木専門のウェブマーケティング 土木分野専門のWEB集客ができる

役所営業

例えば役所営業といってもピンとこない外注先もいます。その点タカラメディアボックスでは全国の官庁・地方自治体へ一瞬で製品・サービスを認知させる機能を持っています。

  tmbで官庁地方自治体営業をしよう 役所営業を強化したい

オリジナルの基本サービス

本サービスでは戦略的なWEBページや、心をつかむチラシ、そしてターゲットを絞ったダイレクトメール等が主な基本サービスです。

  タカラメディアボックスの基本サービス

『興味』を持ってもらう機能

御社の製品・サービスが人の目に触れても興味を持ってもらわなければ購入されません。

今は動画が一般的になってきました。土木資材は動画ととても相性が良く使用方法や施工イメージを動画で紹介した方が興味を得やすくなります。

  tmbスマホ撮影で動画営業 スマホでサクッと動画営業

また、製品・サービスに興味を持っても購買がずっと先になるケースがあります。逆に興味が後になってでてくる場合があります。しかし時間が経つと製品のことを忘れていることがほとんどです。本サービスでは忘れても思い出せるツールとして「想起カード」を利用します。

tmbの想起名刺はもう一人の営業マン 購買・発注担当者へのアプローチ法

売上に繋げる機能

以上のように認知活動を強化すると引合が増えはじめます。時には引合すらなく設計折込され受注に繋がることもあります。 

tmbで土木設計折り込み 営業なしで設計折込される広告媒体

また引合数と売上は必ずしも連動しません。引合が少ないのに一番売上を獲得する製品もあります。なぜそうできるかは本サービスのノウハウです。

実績は営業活動を楽にする

実績が増えてくると営業活動がやりやすくなります。特に官庁・地方自治体への販促時によく言われることは「実績はありますか?」です。

少しでも多くの実績ができるほど話しがしやすくなります。 

tmbで実績を増やしたい 実績を増やしたい

異業種展開

また異業種への展開が可能な製品もあります。本サービスは土木分野に特化していますのでその資源を活かせます。

一例として、建築部材で使われていた耐震補強材を土木分野で拡販しクライアント様の売上目標をはるかに超える成果に貢献することができました。 

tmbで土木分野で拡販する 建築製品を土木分野に拡販したい

大手企業からの引き合い

さらに一般的な訪問営業では門前払いされやすい大手企業からも引合が来るためすんなりと取引のきっかけをつかめます。 

新規開拓を楽にする

引合を新規開拓に応用することもできます。通常の訪問営業では取引に繋がりにくい戦略先に対して、本サービスの引合をネタに取引をスタートさせたり取引額を増やすことも可能です。 

新規開拓シェア率アップを狙う 新規開拓・シェア率拡大の新方法

弊社自体が土木資材を全国に訪問営業し販売しているメーカーであることから得意先等に対してニーズが高そうな製品サービスを直接キーマンに紹介できる点も本サービスの魅力的です。

  土木専門営業ネットワーク TMBの訪問営業網を活用する

営業マンの営業活動の質を高める

今後AIの導入により8割の訪問営業が無くなると弊社では予想しています。

逆に言えば、訪問営業で残る2割の仕事は人間にしかできない付加価値の高い営業行為だと考えています。

本サービスは、人がやるべき本質的な営業活動の価値に焦点を当てさせてくれます。そこを磨いた企業が力強く生き残っていくでしょう。 

  訪問営業しかできない仕事 訪問営業マンしかできない仕事

リピートに繋げる機能

さて、本サービスで引合を得たり売上を得たら終わりではありません。繰り返し購入していただくことが大切だと考えます。 

しかし、製品サービスが進化しなければより良い製品サービスを作ったライバルにお客様を取られます。大事なことは顧客のニーズがあるところを改良することです。

本サービスを使うと、利用者からの声や課題を抱える発注者の声がヒントとなり作るべき製品サービスの指針を与えてくれます。 

  tmb市場開拓や新規事業のヒント 新用途開発のネタは外にある

情報管理を楽に

以上のような「テストマーケティング」→「認知」→「興味」→「売上」→「リピート」というサイクルの中で、情報が点在していては発注者にとっても本サービスの利用者にとっても使いずらくなります。 

情報の一元管理

そこで本サービスでは必要な情報をすべて1ページに集約することで利便性をはかっています。 

ページが細かく分かれていたり、似たような内容のページがいくつもあると利用者を混乱させるだけです。情報発信者も毎回ホームページ制作会社に情報の更新を依頼したり印刷会社にチラシを修正させるのも一苦労です。費用もバカになりません。そういったこともまとめて任せられるのも本サービスを使うメリットです。 

  TMBで必要な情報を一つに集約 情報は1ページに集約する

御社の右腕

本サービスでは1製品・サービスに対して1人の専属コンシェルジュが付きます。彼、彼女らは、クライアント様の成果に繋げるために日々勉強をします。 

お客さまの製品に関して固定観念を持っていないからこそできる柔軟発想やコンシェルジュの素朴な疑問が大きなビジネスに結びつくこともあります。 

コンシェルジュは末永くやり取りを繰り返す中で強力な右腕になっていくでしょう。 

tmbで第三者の目を通してみる 第三者目線のフィルター機能

アナログ式マーケティングオートメーション

本サービスの利用料金は月額91,600円(税別)ですが、これを高いと感じるか安いと感じるかは利用者様次第です。 

月額料はおおよそパートやアルバイトの賃金に近いですが、すべてのサービスを1人のアルバイトやパートが実行できるでしょうか?

たとえば基本サービスの一つとしてチラシを1万部程度ターゲット先に送りますが、これを1から自社でやると費用だけでも100万円は超えるでしょう。 ましてや営業マンが1万件の訪問営業をやるとしたら時間も費用も膨大にかかります。

私たちはできるだけ早くお客様が定義される「成果」を出したいと考えています。

数字にできない成果もあります。製品・サービスが魅力的であるほどタカラメディアボックスの販促サービスは費用ではなく収益であることが理解されてきます。

  tmbで広告費を収益に変える TMBは広告費ではなく収益!?

土木分野においてはAI(人工知能)ではなく、まだまだ専門のコンシェルジュにマーケティングを任せるという意味でのマーケティングオートメーションが最適だと考えます。

本サービスを一度使っていただき「もっと早く使っておけばよかった」と感じていただけたら幸いです。